トリキュラーを安全に、正規品を通販で買うための注意

 

トリキュラーを安全に、正規品を通販で買うために注意してほしいことがあります。

 

●トリキュラーの効果やメカニズムをまとめてみた

 

トリキュラー(Triquilar)はドイツのバイエル社が開発した低用量ピルで、薬効成分のレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールでほぼ100%に近い避妊効果を得られるお薬です。

 

経口避妊薬の中でも身体への負担が非常に少なく、日本の病院でトリキュラーを処方しているところは少なくありません。

 

トリキュラーの一番の効果は避妊で、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)に似た成分が含まれています。

 

錠剤の服用によってどのようなメカニズムで避妊効果を得られるのか、詳しく見ていきましょう。

 

@トリキュラーの中には卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルが含まれている
A2種類の女性ホルモンを定期的に服用すると、排卵に必要なLH・FSHというホルモンの分泌量が減少する
B身体は「既に卵胞は成熟しているんだな」と勘違いして、性腺刺激ホルモンが分泌されなくなって排卵が起こらなくなる
C同時に子宮頸管粘液の粘度を上昇させて精子の子宮内への侵入を防いだり、子宮内膜に受精卵が着床しにくい状態にしたりする
D万が一服用前のタイミングで受精卵ができていても、着床しづらくなる避妊効果を得られる

 

トリキュラーは生理的ホルモン動態に対応させた経口避妊薬で、サイクルコントロール(月経周期調節性)が良好なのが特徴ですね。

 

服用によってホルモンの分泌量が減少して排卵が起こらなくなるため、ほぼ確実な避妊効果が得られます。

 

避妊が目的でトリキュラーを飲む女性が多いのですが、次のような効果も期待できます。

 

・生理痛や月経前症候群の緩和
・生理周期(サイクル)の安定
・ニキビや吹き出物の改善
・女性特有の癌予防
・多毛症の改善
・更年期障害の緩和

 

生理痛を和らげたりニキビを防いだりできるのは、トリキュラーの服用で女性ホルモンのバランスが整うのが大きな理由です。

 

ホルモンバランスの崩れはあらゆる不調の原因になりますので、トリキュラーが美容や健康のサポートに繋がるのは何となくお分かり頂けるでしょう。

 

●トリキュラーを服用する上で押さえておきたい注意点

 

一昔前はピルの使用率は欧米と比較してみると、日本では非常に少ないのが現状です。

 

しかし、現在ではトリキュラーを中心に病院で処方してもらったり、個人輸入代行サイトで購入したりして服用する女性が増えました。

 

経口避妊薬は正しい知識と飲み方を押さえておくのが大事で、トリキュラーも全く同じですよ。

 

以下ではトリキュラーを服用する上で押さえておきたい注意点を説明していますので、一度目を通しておきましょう。

 

▲副作用のリスクがある

 

トリキュラーは高い避妊効果を持ちながらも、他の経口避妊薬よりも比較的副作用が引き起こされにくい内服薬です。

 

とは言え、医薬品である以上は少なからず副作用のリスクがありますので注意しないといけません。

 

メーカーによる市販後の実績調査によると、トリキュラー服用者の11.4%の女性が次の副作用を訴えていることが分かりました。

 

・吐き気や嘔吐
・不正出血
・乳房の張り
・手足のむくみ
・胃のむかつき

 

これらの副作用の症状は、トリキュラーを服用した始めの頃に見られるのが特徴ですね。

 

そのため、服用してから1ヵ月程度が経過して身体が慣れてくれば少しずつおさまってきます。

 

しかし、トリキュラーに限らず低用量ピルには血管の詰まりで心臓や脳に障害を起こす血栓症のリスクも少なからずありますので、体調がおかしいと感じたら早めに専門医に相談してみてください。

 

▲トリキュラーを飲んではいけない人はいる?

 

妊娠の可能性がある女性であれば、初経から閉経まで様々な年齢の人がトリキュラーを服用できます。

 

近年では10代でも低用量ピルを服用してもOKという考え方が一般的になりました。

 

低用量ピルの中でもトリキュラーは特に安全性が高いのですが、下記に該当する女性は飲んではいけません。

 

・妊娠している
・かなり肥満傾向
・家族が血栓症にかかっている
・心臓や腎臓に病気を持っている

 

妊娠している女性はホルモンバランスの変化でお腹の胎児に悪影響が引き起こされるリスクがありますので、トリキュラーの服用はやめましょう。

 

●トリキュラーの効果をしっかりと感じる飲み方

 

トリキュラーはホルモンの量が3段階で変化する仕組みになっていますので、3種類の錠剤に分けられています。

 

トリキュラーの効果をしっかりと感じるには、次のように正しい飲み方で服用すべきですね。

 

赤褐色の錠剤:生理初日〜6日目に服用
白色の錠剤:7日目〜11日目に服用
淡黄褐色の錠剤:12日目〜21日目に服用
白色大の錠剤:22日目〜28日目に服用(トリキュラー28のみ)

 

トリキュラー21のタイプは1周期が28日で、22日目〜28日目は服用をお休みします。

 

一方でトリキュラー28は、22日目〜28日目に白色大の錠剤を服用するのが特徴です。

 

3種類の錠剤を適当に服用すれば良いわけではなく、決まった順番で毎日服用することで効果を実感できる内服薬だと心得ておいてください。

 

●トリキュラー21・トリキュラー28・トリキュラーEDの違い

 

一口にトリキュラーと言っても、複数種類の医薬品に分けられています。

 

どれも黄体ホルモン「レボノルゲストレル」と卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」の働きで避妊効果を得られる点では一緒ですが、トリキュラー21・トリキュラー28・トリキュラーEDには次の違いがありますので正しい知識を得ておきましょう。

 

トリキュラー21:赤褐色6錠+白色5錠+淡黄褐色10錠のトータル21錠が入っている
トリキュラー28:赤褐色6錠+白色5錠+淡黄褐色10錠+白色7錠のトータル28錠が入っている
トリキュラーED:28錠入り3箱のトータル84錠が入っている

 

最も一般的なのはトリキュラー21で、上記の飲み方のページでも説明した通り22日目〜28日目の服用をお休みします。

 

トリキュラー28とトリキュラーEDはプラセボ7錠を含むタイプで、飲み方が変わる点を押さえておかないといけません。

 

どのタイプのトリキュラーでも飲む順番を間違えると本来の効果は得られないため、「赤褐色」⇒「白色」⇒「淡黄褐色」という順番をきちんと守ってください。

 

●トリキュラーの良い口コミと悪い口コミ

 

医薬品を服用するに当たり、実際に飲んでみた人の評判は参考になります。

 

以下ではトリキュラーの良い口コミと悪い口コミの両方を紹介していますので、服用する前に参考にしてみてください。

 

▲トリキュラーの良い口コミや評判

 

・ラベルフィーユの服用では血液検査に引っ掛かり、体重も激増してしまいました。しかし、トリキュラーに乗り換えてからは元の状態に戻っています。比較的身体への影響が少ない低用量ピルですので、トリキュラーの安全性はかなり高いですよ。

 

・避妊が目的でトリキュラーを飲み始めましたが、以前よりも遥かに生理痛の症状が楽になりました。今までは頭痛が酷かったり吐き気を催したりと、日常生活に支障が出ることも・・・。トリキュラーを飲んでからは不調が嘘のように消え失せていますので、本当に助かっています。

 

・低用量ピルの中でもトリキュラーはかなり安いね。私は個人輸入代行サイトで購入したけど、1錠当たり50円くらいだったよ。病院に行くと料金が高いし何よりも面倒だから、インターネットで購入するのが良いと思う。

 

・マーベロンで不正出血が多かったので、トリキュラーを飲むことにしました。トリキュラーは成分量が同一ではないため、より自然な形でホルモンバランスを保つことができますよ。私も特に不快な症状は起こっていませんし、不正出血も少なくなったので安心です。

 

・純粋に避妊のためにトリキュラーを飲み始めました。服用してから1年半くらいの年月が経ちますが、今では生理痛や生理不順が和らいでいます。飲み始めは少し体重が増えたものの、正しい飲み方で服用していれば元の状態に戻りますよ。

 

・避妊効果に加えて、トリキュラーは肌荒れを解消する効果がありますね。私は肌が荒れやすい体質でかなり悩んでいましたが、トリキュラーを飲んでからはかなり調子が良くなりました。生理痛も緩和していますので、もう手放すことができません。

 

口コミの評判を見てみると、トリキュラーは避妊効果だけではなく、生理痛を和らげたり肌の調子を良くしたりといった作用を持っていることが分かります。女性ホルモンのバランスは些細なことで乱れやすいので、トリキュラーの服用はおすすめです。

 

▲トリキュラーの悪い口コミや評判

 

・身体に負担が加わりにくいトリキュラーでも、個人の体質によっては副作用が起こるみたいですね。私の場合は2週間くらいに渡って頭痛や吐き気の症状が続きました。中々体調が回復しなかったので、今では別のピルを服用しています。

 

・肝心の生理期間中ですが、痛みが和らいだり体調が良くなったりといった変化はありません。まあ、不快な副作用で悩まされることはなかったのですが・・・。医薬品だけあってトリキュラーはホルモンバランスを整えるのが目的ではなく、ちゃんと避妊目的で飲んだ方が良いと思いました。

 

・「肌のコンディションが良くなる」と聞いて期待して飲みましたが、大きな変化は特にありません。少なからず副作用も出ますので、美容目的で服用するのはちょっとやめた方が良いですね。

 

トリキュラーを飲んで副作用の症状で悩まされた女性は少なからずいます。飲み方が間違っていると避妊効果が得られないだけではなく、不快な症状のリスクも上がりますので注意しましょう。

 

●まとめ

 

以上のように、トリキュラー(Triquilar)は高い避妊効果を得られる経口避妊薬です。

 

女性ホルモンと似た働きをする薬効成分のレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールで、ほぼ100%近い避妊を得られる仕組みになっています。

 

避妊以外の効果も期待できると口コミでも高い評判を獲得していますので、個人輸入代行サイトのIST(アイエスティ)でトリキュラーを購入してみてください。